マイムセッション ぶきっちょな2人


「ぶきっちょな2人」チラシ男2人とアコーディオンが奏でる笑いと涙のパントマイム!!
ソロとアンサンブルで楽しいひと時をお届けしました。

出演:上田雄士 後藤欽一
日時:2004年11月6-7日
劇場;フリースペース カンバス
アコーディオン:若林充
照明:福沢秀明
宣伝美術:グラフマニア

上演作品:オープニング、右手(上田ソロ)、幸せなひととき(後藤ソロ)、どろぼう、端役(上田ソロ)、父親(後藤ソロ)、自殺志願者

コラム


私は晴れ男です。今まで様々なイベント、行事、公演本番の日はことごとく晴れさせてきました。
なのに今回、練習日は決まって雨でした。
それも自分の自宅近く、三鷹や武蔵野に練習場所を取った日に限って。

アコーディオンの若林さんがつぶやく。
「三鷹に来る日は、雨ばっかりのような・・・」
いやいや、偶然でしょう。台風もいっぱい来ましたしね!
後藤さんが迷わず口に出す。
「上田さん、雨男じゃ・・・」
いやいや! そんなことはございません! 何をおっしゃる後藤さん!
そういう類の発言は頑として受け付けませんよ。
なんてったって私は晴れ男なんですから。

さて、本番当日。 ・・・どうでしょう?
晴れていたら、おめでとう! 晴れ男です!
雨が降っていたら、残念! 雨男です。 ・・・後藤さんが。
プリンタ出力用画面
友達に伝える